●士魂商才

 

こんにちは、深谷市下手計出身、理学療法士の尾高です。

 

渋沢栄一は、士魂商才ということを提唱しています。

「論語と算盤」には、こう記されています。

 

「士魂商才というのも同様の意義で、人間の世の中に立つには、武士的精神の必要であることは無論であるが、しかし、武士的精神のみに偏して商才というものがなければ、経済の上から自滅を招くようになる。ゆえに士魂にして商才がなければならぬ。」

 

武士的精神とは、嘘をつかない、卑怯なまねはしない、誠実に行動する、裏表のあることをしない、こびへつらわない、礼をわきまえる、自慢しない、傲慢にならない、おごり高ぶらない、慈悲深い、義理堅い、恩に報いる、というような、武士の持つべき高い道徳観のことでしょう。

 

人間の世に立つには、「士魂にして商才がなければならぬ」

 

現代の日本に生きる我々は、商才を求めすぎるきらいがありはしないでしょうか。

人はつい、私利私欲に走ってしまい、中には社会のルールを踏み外してしまう人もいますが、そこは、高い道徳心を持って、自ら戒めねばならないことです。

 

「論語と算盤」では、その後、論語が士魂の養成の根底となることが述べられ、

「それならば商才はどうかというに、商才も論語において充分養えるというのである。」

とあり、

商才も、もともと道徳を根底としたものであって、道徳と離れた商才は、決して真の商才ではないと断じて、

「ゆえに商才は道徳と離るべからざるものとすれば、道徳の書たる論語によって養える訳である。」

と士魂を養うにも、商才を養うにも、道徳が根底であると強調しています。

 

偽の商才は、身につけたくないものですね。

 

理学療法士の士は、武士の士、さむらいの士です。

理学療法士として、論語を学び続け、士魂を忘れずに、活動したいと、身を引き締めた次第です。

 

渋沢栄一肖像画は、国立国会図書館ウェブサイトより転載いたしました。

最新情報をチェックしよう!

渋沢栄一翁の教えの最新記事8件